不器用だけども愛すべき男たちが織りなすバディムービー
窪塚洋介×降谷建志(Dragon Ash)が初タッグ!

野良猫のように街の片隅でひっそり生きている男、そしてひょんなことからバディとなった男。そんな二人の男たちを中心に描かれる人間ドラマ。
主人公の朝秀晃(通称:マル)は元・ボクシングの東洋チャピンオン。試合中の頭の怪我で、引退に追い込まれ、今は頭の後遺症に悩みながらもひっそり警備会社のアルバイトをしている。唯一、心を通わせていた野良猫の失踪をきっかけに自動車の整備工場で働く、梅津郁巳(通称:リリィ)に出会う。個人的な理由によりシングルマザーの女にボディーガードのアルバイトを頼まれた秀晃。女をストーカーする男を殴ってしまい、一緒に行動することになった郁巳と共に、女を守るため東京へ向かうが・・・。
本作は、闇社会に絡んだクライムサスペンスの要素を持ちつつも、人生に躓いた人間の再生も描かれている。
主演は、窪塚洋介。ハリウッド映画『沈黙-サイレンス-』が公開を控え、国内外での活躍がますます広がり、俳優としてさらなる注目が集まっている。また、レゲエアーティスト・卍 LINEとしても今年で活動10周年になる。
バディ役には、来年活動20周年を迎えるDragon Ash(ドラゴンアッシュ)ボーカル、ギターの降谷建志。NHK大河ドラマ「八重の桜」で新選組の斎藤一を演じたことが記憶に新しいが、ミュージシャンとしてだけではなく、今後は俳優としても活動の場を拡げつつある彼に期待度が上がっている。
片や俳優、そして片やミュージシャンとしてトップの座を走り続けている二人は、ストリート系のファッションセンスをリードする存在。そんな二人のタッグでこそ成し得た本作のサブカル色は、どこか粋で、独特なカッコよさを放っている。
また、監督は『木屋町DARUMA』、『トマトのしずく』と様々な幅広い視点で人間ドラマを描く榊英雄。本年はドラマ2本(「まかない荘」「侠飯~おとこめし~」)に加え、新作映画の撮影等、切れ間なく作品を生み続けている。

2017年7月、テアトル新宿ほか全国ロードショー。

公式サイト http://alleycat-movie.com/