ラオス 竜の奇跡

配給

その流れはいつも優しい

 

1960年(昭和35)、オリンピック開催を間近に控えた日本。終戦から15年が経ち、誰もが上を向いていた時代。人々は開発の熱気に満ち溢れていた。そんな日本を飛び出し、ダム建設調査の為、ラオスに渡った日本人がいた。将来の成功を夢見た青年の名は「川井」。しかし川井は調査中の事故で消息を絶つ。当時、内戦中だったラオスの首都ビエンチャンでは戦闘が勃発、政府による川井の捜索も打ち切られてしまう。

2015年急激な都市開発が進むラオス。家族とのすれ違いで故郷を飛び出したラオス人女性「ノイ」は、慣れない都会暮らしに埋もれていた。そんなある日、友人からのナムグム湖観光の誘いをきっかけに、1960年のラオスへと迷い込んでしまう。ゆるやかな川のほとりで二人は出会い、辺鄙な農村で、暢気な村人たちとの共同生活が始まった。

本作は、ラオスの美しい大自然を舞台に力をぬいて素直になると人の温もりが見えてくる作品になっています。

 

【監督・脚本】熊沢誓人
【脚本】守口悠介
【出演】井上雄太、ティダー・シティサイ

(C)Japan-Laos Creative Partners

2017年6月24日(土)より有楽町スバル座ほか全国順次ロードショー

officail site