道の先が分かれていても、いつだって家族はここにいる。

今年の3月、ほぼ新潟をロケーションに撮影されました『ミッドナイト・バス』の公開日が、来年1月20日より新潟先行ロードショー、1月27日より有楽町スバル座ほか全国ロードショーに決定しました。

本作は、作家・伊吹有喜が2014年に発表し、第27回山本周五郎賞、及び第151回直木三十五賞の候補となった長編小説『ミッドナイト・バス』(文春文庫刊)の映画化。新潟と東京を行き交う深夜高速バスの運転手を主人公に、別れた元妻、息子、娘、そして現在の恋人との葛藤のなかで、一度壊れた家族がもう一度向き合い、それぞれの人生の一歩を踏み出して再出発していく姿を描いた物語です。

このたび、第30回東京国際映画祭の特別招待作品としての出品が決定。この機がワールド・プレミア上映となります。ぜひご注目願います。