LAPSE

配給

クリエイティブチーム BABELバベル LABELレーベルが描く、3つの未来の物語

-気鋭の監督と実力派俳優が集結-

映画『デイアンドナイト』『青の帰り道』など、話題作が続いているクリエイティブチーム BABEL LABEL。今注目を浴びている彼らが、オリジナル映画製作プロジェクト<BABEL FILM>を始動させ、実力派俳優たちが集結した。BABEL FILM 第1作目となる本作『LAPSE(ラプス)』は、3篇から成る未来を描く物語。

志真健太郎が監督・脚本を務める『SIN』は、2082年を舞台に、幼少期にシミュレーションで見た自分の暗い未来が現実化し、苦悩する男を描く。栁俊太郎、内田慈、比嘉梨乃、平岡亮、林田麻里、手塚とおるが出演。
アベラヒデノブが監督・脚本・主演を務める『失敗人間ヒトシジュニア』は、クローンと人間が共存する2050年を舞台に、自分がクローン人間の失敗作だったと知らされる男を描く。W主演に中村ゆりか、出演者は他に、清水くるみ、ねお、信江勇、根岸拓哉、深水元基が名を連ねている。
HAVIT ART STUDIOが監督・脚本を務める『リンデン・バウム・ダンス』は、AIに医療が委ねられた2038年を舞台に、AIと人間の関係に疑問を抱く女子大生を描く。SUMIRE、小川あんが出演。

志真健太郎は、2010年に映画監督・藤井道人と共にBABEL LABELを立ち上げ、自主的に映画や演劇を作り続けてきた。東日本大震災後の被災地、自動車会社のリコール問題、女性活躍推進など社会的な題材を取り上げ、強いメッセージを込める作品が多く、本作では「政府による教育管理」に苦しむ一人の青年を描いている。
アベラヒデノブは、映画『想像だけで素晴らしいんだ -GO TO THE FUTURE-』(19)など監督・脚本家として、園子温監督のスマホ映画『うふふん下北沢』(17・主演)など俳優としてマルチな活躍を見せている。本作では、ただ単に否定されるクローンという存在への疑問を「クローンと人間が共生する世界」に反映させ、自ら演じた。
HAVIT ART STUDIOは、Hip HopのMVで存在感を示してきた映像制作チーム。2017年にBABEL LABELに加入し、本作が映画デビュー。メンバーである今野里絵が監督・脚本、大橋尚広が撮影監督を務める。「人工知能」や「尊厳死」などのテーマを扱いながら、どこか儚さのある閑かな映像は、女性監督ならではの目線を感じさせる作品となっている。

未来は、何処へいってしまうのか。3人の監督陣は未来世界を自由に想像しながら、ラプス(=時の経過)に生きる人間の内面を力強く描き出す。本作は、未来に抗う人たちの希望や葛藤を浮き彫りにし、来るであろうシンギュラリティに対して問いかける。

【監督・脚本】志賀健太郎、アベラヒデノブ、HAVIT ART STUDIO
【出演】柳俊太郎、SUMIRE、アベラヒデノブ、中村ゆりか、小川あん、清水くるみ、内田慈、深水元基、手塚とおる ほか

(C)BABEL LABEL

2019年2月16日(金)より
アップリンク渋谷 ほか全国順次ロードショー

officail site