無伴奏

配給

製作

秘密の匂いがした初めての恋。あなたを求め続けた。多感なこの恋の行方は―。

原作は、直木賞受賞作家、小池真理子の『無伴奏』(新潮文庫刊、集英社文庫刊)。学園紛争真っ只中の1969年の杜の都の仙台を舞台に、耽美でせつない世界が描かれるこの小説は、1990年に出版されて以来、『恋』『欲望』と並ぶ小池真理子の「恋三部作」として評価と人気の高い話題作で、彼女の半自叙伝的小説。クラシック音楽の流れる喫茶店「無伴奏」で、響子そして渉と祐之介の3人は出会う。渉に恋をした響子は、少女から大人の女へと成長していく。だが、その先に待ちうける恋の行方には何が待ち受けているのか?

主人公の野間響子には成海璃子。清楚で爽やかな役のイメージの多かった彼女が、本作では一転、激しい想いを抱えるこの役で、女子高生から大人へと成長する女の性を繊細かつ体当たりの演技で見事に表現している。また、響子が恋焦がれる堂本渉には、演技力に定評があり、今後の活躍にますます注目が集まる池松壮亮。繊細な渉の心の揺れを見事に演じ切る。そして斎藤工が、一瞬の表情に妖艶さのある、どこか翳りのある渉の友人、関祐之介を演じている。ほか、non-noモデルの遠藤新菜が、祐之介の恋人・エマ役で大胆な演技に挑戦している。メガホンを撮るのは、国内外で高い評価を得る矢崎仁司監督(『三月のライオン』『ストロベリーショートケイクス』)。

【監督】矢崎仁司
【原作】小池真理子『無伴奏』(新潮文庫刊、集英社文庫刊)
【出演】成海璃子 池松壮亮 斎藤工
【主題歌】「どこかへ」Drop's(STANDING THERE, ROCKS / KING RECORDS)

(C)2015「無伴奏」製作委員会

officail site